2012年06月19日

ブログ変更のお知らせ

ariyoshi[1].jpg


皆さん、こんにちは。

このたび、湯田温泉から発信しておりますブログを

【湯田温泉ブログ】とし、

新しいブログをスタートさせることといたしました。

湯田温泉にかかわる諸々の情報をお届けしてまいります。
引き続き、ご覧頂けますよう、よろしくお願いいたします。



※湯田温泉ブログ → コチラ





posted by 湯田温泉 at 10:57 | 湯田温泉たまごログ(表)

2012年06月06日

熱い ≪山水園≫

ariyoshi[1].jpg


今、湯田温泉 ≪山水園≫ が熱い!!! んです。

その話題を2つご紹介します。

あん.JPG
このこの名前は・・・↓

やぎあん.JPG
あんちゃん。6歳の女の子。


草食べ1.JPG

草食べ2.JPG

草食べ3.JPG

一生懸命草をむしゃむしゃ、美味しそうに食べています。


このこは、
さるすべり.JPG
さるすべりの樹の匂いをかいでいます。

角こすり.JPG
ちょっと角がかゆいのでかきかき。

草食べ.JPG
もちろんおいしい草も食べますよ。

やぎみに.JPG
みにちゃん。4歳の女の子です。



湯田温泉にあります山水園(さんすいえん)は、お庭も広く、
由緒ある旅館さんです。

全景.JPG

そこで、今年お庭の草とりにはせさんじたのがやぎ二匹。

山口県の秋吉台サファリランドから1週間の出張です。

同地区の小学校1,2年生も見学に来たり、
お宿の宿泊のお客様にも、大人気の あん と みに。


温泉に癒され、思いがけない動物との出会いに癒され素敵な湯田温泉です。


そして、山水園で開発、昨今売り出しされた
いなり.JPG
白狐いなり。

いなり2.JPG
中をあけると8個もおいなりさんが入っています。
これで、520円也。


湯田温泉は、その昔、権現山(ごんげんやま)に住む白狐が、
山のふもとの池に浸かって、傷ついた足を治した、
その池が温泉であったといわれる伝説を持ちます。
そのふもとに位置する山水園。


是非、この機会に山水園に足を運んでみませんか。
おすすめです。
ちなみに、やぎさんは、8日にはサファリに帰ってしまいます。


山水園HP → コチラ




ariyoshiいい気分(温泉)





posted by 湯田温泉 at 16:41 | 湯田温泉de楽しむ

2012年05月14日

≪山笑ふ≫ 山口


ariyoshi[1].jpg


【山笑ふ】

俳句の春の季語とされていますが、
盆地であり、山に囲まれている山口市に、
この季節、とても似合う言葉です。

木々が芽吹きにかかる春の山は、笑っているようで心が和みます。

そして、山口の山には特徴があります。

国宝瑠璃光寺五重塔のあります香山(こうざん)公園のまわりの山です。

山笑う1.JPG


山笑う3.JPG

山笑う2.JPG

山笑う4.JPG
                       (平成24年5月13日撮影)

山の樹木の色が色とりどり鮮やかなのが見えますでしょうか。

観光でお見えになった県外の方からよく聞かれる質問があります。
「山の色がかなり違うんですが、色の違う木はなんですか?」

くり、どんぐり、椎の木達です。
これらの樹木は、この季節写真のような色になります。

本当に山が語りかけ笑っているように視界に入ってきます。


山口に来て山を楽しんでください。
目も心も癒されます。

そうすれば、お後は、温泉ですね。


国宝瑠璃光寺五重塔から、車で10分弱。
山口市中心部に位置する湯田温泉いい気分(温泉)

本日は、日帰りでもお入り頂ける外湯のご紹介です。
湯田温泉には、8つの外来湯がございます。

※湯田温泉外来湯リスト → コチラ


是非、身体を癒しに湯田温泉へお入りくださいませ。
アルカリ性単純温泉の美肌の湯でございます。




ariyoshiいい気分(温泉)




posted by 湯田温泉 at 13:40 | 湯田温泉de温泉

2012年05月02日

蕎麦ケ岳と湯田温泉足湯


ariyoshi[1].jpg


山口市仁保にあります蕎麦ケ岳。
標高556.9m。
登山時間40〜50分。
ファミリーハイキングにおすすめ。

看板.JPG

と登山口の看板には書いてありますが・・・
登ってみましょうか。

スタート看板.JPG

スタートです。

道中2.JPG

道中1.JPG

なぜか、筆者は、最後尾でだんだん遅れをとっていきます。

瀧.JPG

こんな、滝も脇に眺めることができます。

道中は、清水がず〜っと流れており、清流の心地よい水音とともに
登っていけます。


頂上まであと.JPG
この看板が見えてから、もう少し登ります。

あの山.JPG

着いたかなぁと思ったら・・・錯覚。
あの山を越えてまだ向こうが頂上なのです。

下って登ってを数度繰り返すと、



頂上.JPG

この頂上に到着です。
山口市中心部が一望できます。
爽快な気分です。

時間は、看板とおりの45分。

ちょっと身体がなまったかなぁという方には、
おすすめの山です。
途中、やや急な登りもありますがトライしてみましょう。

山口には、身近に登れる山がたくさんあります。
少しづつ紹介していきますね。


さて、
もちろん疲れた身体を癒してくれるのは、温泉いい気分(温泉)
山口市中心部にあります湯田温泉。
連休中、お客様でいっぱいの湯田温泉。
アルカリ性の単純温泉、美肌の湯として名をはせています。


今回は、気軽にいける足湯をご紹介。
JR湯田温泉駅にあります足湯です。

湯田温泉駅.JPG

座って.JPG
駅のすぐそばにあります足湯です。
今、足湯に腰かけると、目の前につつじが咲き誇っています。

電車.JPG
地元の方の足となり、観光客の方を運んでくれるJR山口線。
今日もたくさんの方がお見えです。


湯田温泉には、6箇所の足湯があります。
ぐるり、気軽に回ってみましょうか。

6か所の足湯はコチラ → 湯田温泉旅館協同組合HP内





ariyoshiいい気分(温泉)






posted by 湯田温泉 at 10:11 | 湯田温泉de温泉

2012年04月27日

井上公園 と 七卿落(しちきょうおち)

ariyoshi[1].jpg

山口市湯田温泉中心部にあります井上公園

井上公園.JPG

先月高田公園から井上公園に名称が変更されたのは、記憶に新しいところです。

井上公園1.JPG

この井上公園は、明治時代の長州藩士 井上馨(いのうえかおる)の生誕地であります。
長州五傑として、初代総理大臣伊藤博文らとイギリスに密航、留学。
明治時代の政治の礎を作り、大蔵大臣、外務大臣などを歴任した
山口が誇る長州藩士です。


さて、その当時、敷地内に何遠亭(かえんてい)という建物がありました。


ここで、七卿落の話です。

「七卿落(しちきょうおち)」とは・・・
文久三年(1863)の政変で七人の公家たちが
京都から山口へ下向してきたことを言います。

その公家の衆を一時住まわせていた場所が、この何遠亭です。

何遠亭.JPG
正月の何遠亭の様子が描かれています。


現在、山口市菜香亭では、
山口と七卿落展〜七卿の足跡をたどる〜 と題し、
七卿落に関わる史跡の写真や史料が展示され、山口における七卿の足跡を辿った
企画展が開催されています。

ちらし.JPG

七卿落と、湯田井上公園のことがよくわかる展示となっております。
是非、ご覧下さい。


■期間 2012年4月26日(木)〜6月15日(金) ※火曜日休館
■場所 山口市菜香亭大広間展示室(山口市天花1-2-7)
■観覧時間 9:00〜17:00
■観覧料 大人100円、子ども50円(大広間観覧料含む)
■問合せ 山口市菜香亭 TEL:083-934-3312
※山口市菜香亭HP → コチラ



最後に
これは、七卿落の一人、三条実美が書いた扁額。
山口市菜香亭の大広間に展示されています。

額.JPG


快作楽.JPG

≪快作楽≫ かいをたのしみとなす

よき言葉ですね。
京を追われた身で、何をおもんばかったいたのでしょうか。
みなさんも明治の時代に思いをはせてください。



ariyoshiいい気分(温泉)




posted by 湯田温泉 at 11:35 | 湯田温泉de楽しむ

2012年04月23日

龍福寺本堂特別公開の様子

ariyoshi[1].jpg


先だってよりお知らせしておりました
龍福寺本堂特別公開の様子をご報告いたします。

龍福寺1.JPG
4/21-22の特別公開に先立って竣工式が行われました。

龍福寺2.JPG
式は外陣(げじん)で行われ、内陣(ないじん)が公開されました。


特別公開当日の様子です。
龍福寺3.JPG
これは、この本堂を復原された高橋所長の講演の様子です。
初日はこの外陣に300名弱の方が耳を傾けます。

講演の内容より、一つをご紹介します。
これは、≪松崎天神縁起絵巻≫。
防府天満宮の創建の由来が記されたもので1311年に制作されたものです。
ここに見えるは大工さんの【やりがんな】です。
絵巻.JPG
(防府天満宮所蔵 転載)


これをもとに、当時の大工道具を使って復原するため、
現代版に作られたものがこちら↓↓↓
やりがんな.JPG
現代の大工さんがこのやりがんなを使用されるのは、初めてのことだったそうです。
文化財の復原の壮大さを感じる一コマでした。
文化財保護の観点から、職人さんの育成の意味も込められるそうです。


そして、こちらが内陣↓↓↓
内陣.JPG
この2日間の特別公開でした。

2日間にわたる龍福寺特別公開には多くの方が来られました。
山口の街歩きをするのに、
また一つ室町時代の山口の歴史が垣間見れる建造物の完成。
山口市の宝物、重要文化財龍福寺本堂。


本堂.JPG



山口市の街歩きのあとは、
温泉でゆっくり癒されてみましょうよ。
山口市中心部から車で5分です。
山口市湯田温泉いい気分(温泉)




ariyoshiいい気分(温泉)




posted by 湯田温泉 at 17:04 | おすすめ情報

2012年04月19日

重要文化財 龍福寺本堂特別公開4/21-22(2012)

ariyoshi[1].jpg

山口市中心部大殿(おおどの)地区にあります
重要文化財 龍福寺本堂。

室町のその昔14世紀、西国一の大大名の大内氏館がありました。
山口の街並みは、四神相応の地とよく言われますが、
その中心となったのが大内氏館です。

戦火などにより本来の姿は消失されていますが、
そこに現在ありますのが、龍福寺本堂。
昨年末までに6年の歳月をかけて復原されました。

そして、このたび、4月21,22日(土日)にその本堂の中が
一般に特別公開されます。
一般市民の皆様に文化財について興味をもってもらい、
文化財の機運を高めて頂けたらと、山口市教育委員会の主催で
開催されます。

≪日時≫
・平成24年4月21,22日(土日)
・講演会  13:00-14:00
・自由見学 10:00-13:00, 14:00-16:00
※無料、申込不要※


≪内容≫
保存修理工事を終えた龍福寺本堂内部の特別公開
工事担当者による講演会開催
 講演「重要文化財龍福寺本堂」
  高橋 好夫(文化財建造物保存技術協会龍福寺設計管理事務所所長)



P1080445.JPG

P1080444.JPG

P1080442.JPG


室町の時代にこのような大きさの建物があったかのかと思うと、
その昔の山口の大内文化の壮大さがおもんばかれます。

是非、この機会におでかけください。



そして、四神の神、西に位置するのは、白虎(びゃっこ)。
湯田温泉は、おなじく白狐(びゃっこ)が住まう処です。


お泊りは、そんな白狐も浸かっていた湯田温泉へ是非どうぞ。




ariyoshiいい気分(温泉)




posted by 湯田温泉 at 09:42 | おすすめ情報

2012年04月13日

平成大内御膳を食す

ariyoshi[1].jpg

湯田温泉で平成大内御膳を食す。

※平成大内御膳とは※
室町時代のその昔、1500年のことですから、500年以上も前のことです。
当時の山口の地の大名、大内氏30代当主大内義興が、
室町幕府前将軍の足利義稙をもてなしたとされる料理を、
この平成の時代によみがえらせました。

現存する中世の文献で、献立の詳細が記録されているものでは
日本一を誇ります。その数、三十二献・百十品以上。

平成大内御膳とは、文献中の数多い献立の中から、
選りすぐったものを、当時存在しえなかった調味料である
砂糖・醤油・みりんを使わずに調理されました。


このたび、その平成大内御膳を歓送迎会にて食することとなり、
みなさまにその一部をご報告いたします。
会場は、湯田温泉の ≪山水園≫にて行われました。
平成大内御膳ニ献です。

P1080431.JPG
最初に用意されましたのは、
すずきの刺身・れんこんの煮物・くらげの酢の物・茹でたやまと芋

このお箸置きになっておりますのが、耳土器(みみかわらけ)
素焼きの土器です。
これは、箸置きとして使ったとみられますが、
宴の出席者の中でも貴人(大名様)にしか出されない特別なものでした。
これは、実際の出土品をモデルに『耳土器』のレプリカとして作成されたものです。

P1080432.JPG
干鯛

P1080433.JPG
雑煮
これは干しなまこと鮑(あわび)の雑煮
なんとも、贅沢にいただけました。

P1080434.JPG
茹ではまぐり

P1080435.JPG
赤かさごの煮物

P1080436.JPG
鴨の串焼き


他にも、吉野葛の羹や、ご飯漬物がつきました。

最小限の味付けである素材主義が徹底されており、
素材のおいしさがよくわかりました。
お皿も素焼きの土器でだされ、
すべてにおいて、素材が引き立つ演出となっていました。
いにしえびとに学ぶことも多いのもまた然りですね。
低カロリーで頂けたのも魅力でした。


500年前の宴に思いをはせながら、
おいしいお料理と、よき仲間と、よいお酒に囲まれた
平成の宴でありました。


みなさんも湯田の街に泊まって、
おいしいものを食してみませんか。
おすすめします。
よき仲間とともに。ポイントです!


平成大内御膳の詳しくはコチラ 
→ 山口市観光情報サイト 西の京やまぐちHP内



ariyoshiいい気分(温泉)


posted by 湯田温泉 at 09:03 | 湯田温泉de呑む食べる

2012年04月10日

2012湯田温泉白狐まつりの報告

ariyoshi[1].jpg

2012湯田温泉白狐まつり4/7-8(土日)


65000人もの多くの観光客や地域の皆様にお越し頂き、
盛大に行われました。

P1080385.JPG

P1080388.JPG
この日、井上公園にて、一組の夫婦の結婚式が
とり行われました。
多くの皆様に祝福されました。

ひよっとこ

P1080398.JPG
お祭りにぴったりのひょっとこの舞が、
ステージを盛り上げます。

P1080404.JPG
湯田温泉老舗旅館 西の雅常盤 からは、
人気の女将劇場の出張ステージです。
女将・若女将・若若女将の三代のよさこいの舞でした。

P1080409.JPG
白狐も太鼓をたたいて盛り上がりました。



桜は満開。
風が吹けば、ちらほらと花びらが散る好天に恵まれた白狐まつり。


多くの皆様のご協力あっての開催でした。
来年も、さらなる多くの皆様にお越しいただけますよう、
湯田温泉より、厚くお礼申し上げます。



ariyoshiいい気分(温泉)






posted by 湯田温泉 at 09:42 | 湯田温泉白狐まつり

2012年04月07日

2012湯田温泉白狐まつり 速報4/7の様子

ariyoshi[1].jpg


2012 湯田温泉白狐まつり 4/7(日)速報です!!!

始まりました。
朝10時の神事からスタートです。

P1080354.JPG
みんなで白狐まつりの無事と成功を祈ります。


P1080362.JPG
朝10:30からの内湯入浴券配布には列ができます。
明日8日からも同時刻で配布があります。
お目当ての内湯をゲットしてみましょう。
※8日内湯開放施設※
かめ福・ホテル松政・松田屋ホテル・西村屋・湯別当野原・防長苑・

P1080368.JPG

P1080366.JPG

P1080372.JPG
メインステージや井上公園周辺のステージでは、
よさこいや演技が終日披露されています。

P1080375.JPG
観客もいっぱいです。

P1080376.JPG
このお祭りの間には、温泉神社から神様が井上公園にいらしておいでです。
大人から子どもまで、お参りができます。
皆様もこの機会にぜひどうぞ。

P1080377.JPG
井上公園敷地内には、足湯もあり、
桜の樹の下でうららかにお祭りを楽しめます。

P1080384.JPG
12時からは、餅まきがありました。
おもちやお菓子、たくさんの人でにぎわいました。


15時からは結婚式も開催されます。
夜は、白狐の嫁入り&松明行列は19時から。

本日もまだまだこれから、夜9時まで開催されます。
明日もおまつり。
とびきり楽しい2daysです。

みなさんこぞって湯田温泉白狐まつりへお越しください。



ariyoshiいい気分(温泉)






posted by 湯田温泉 at 14:22 | 湯田温泉白狐まつり