2012年05月14日

≪山笑ふ≫ 山口


ariyoshi[1].jpg


【山笑ふ】

俳句の春の季語とされていますが、
盆地であり、山に囲まれている山口市に、
この季節、とても似合う言葉です。

木々が芽吹きにかかる春の山は、笑っているようで心が和みます。

そして、山口の山には特徴があります。

国宝瑠璃光寺五重塔のあります香山(こうざん)公園のまわりの山です。

山笑う1.JPG


山笑う3.JPG

山笑う2.JPG

山笑う4.JPG
                       (平成24年5月13日撮影)

山の樹木の色が色とりどり鮮やかなのが見えますでしょうか。

観光でお見えになった県外の方からよく聞かれる質問があります。
「山の色がかなり違うんですが、色の違う木はなんですか?」

くり、どんぐり、椎の木達です。
これらの樹木は、この季節写真のような色になります。

本当に山が語りかけ笑っているように視界に入ってきます。


山口に来て山を楽しんでください。
目も心も癒されます。

そうすれば、お後は、温泉ですね。


国宝瑠璃光寺五重塔から、車で10分弱。
山口市中心部に位置する湯田温泉いい気分(温泉)

本日は、日帰りでもお入り頂ける外湯のご紹介です。
湯田温泉には、8つの外来湯がございます。

※湯田温泉外来湯リスト → コチラ


是非、身体を癒しに湯田温泉へお入りくださいませ。
アルカリ性単純温泉の美肌の湯でございます。




ariyoshiいい気分(温泉)




posted by 湯田温泉 at 13:40 | 湯田温泉de温泉

2012年05月02日

蕎麦ケ岳と湯田温泉足湯


ariyoshi[1].jpg


山口市仁保にあります蕎麦ケ岳。
標高556.9m。
登山時間40〜50分。
ファミリーハイキングにおすすめ。

看板.JPG

と登山口の看板には書いてありますが・・・
登ってみましょうか。

スタート看板.JPG

スタートです。

道中2.JPG

道中1.JPG

なぜか、筆者は、最後尾でだんだん遅れをとっていきます。

瀧.JPG

こんな、滝も脇に眺めることができます。

道中は、清水がず〜っと流れており、清流の心地よい水音とともに
登っていけます。


頂上まであと.JPG
この看板が見えてから、もう少し登ります。

あの山.JPG

着いたかなぁと思ったら・・・錯覚。
あの山を越えてまだ向こうが頂上なのです。

下って登ってを数度繰り返すと、



頂上.JPG

この頂上に到着です。
山口市中心部が一望できます。
爽快な気分です。

時間は、看板とおりの45分。

ちょっと身体がなまったかなぁという方には、
おすすめの山です。
途中、やや急な登りもありますがトライしてみましょう。

山口には、身近に登れる山がたくさんあります。
少しづつ紹介していきますね。


さて、
もちろん疲れた身体を癒してくれるのは、温泉いい気分(温泉)
山口市中心部にあります湯田温泉。
連休中、お客様でいっぱいの湯田温泉。
アルカリ性の単純温泉、美肌の湯として名をはせています。


今回は、気軽にいける足湯をご紹介。
JR湯田温泉駅にあります足湯です。

湯田温泉駅.JPG

座って.JPG
駅のすぐそばにあります足湯です。
今、足湯に腰かけると、目の前につつじが咲き誇っています。

電車.JPG
地元の方の足となり、観光客の方を運んでくれるJR山口線。
今日もたくさんの方がお見えです。


湯田温泉には、6箇所の足湯があります。
ぐるり、気軽に回ってみましょうか。

6か所の足湯はコチラ → 湯田温泉旅館協同組合HP内





ariyoshiいい気分(温泉)






posted by 湯田温泉 at 10:11 | 湯田温泉de温泉