2011年04月20日

気になる!『安平麩』

会社でこんな名前が飛び交いました。
「アンペイフって、知ってる??」


あん…ぺ?
アン・・・ペイフ?


えっ?
そんな、外国人の知り合いいませんよ。的なね。


『あんぺいふ(安平麩)』とは
100年以上の歴史ある伝統食材で、山口県で生産される丸くてふっくらした「焼き麩」だそうです。
山口(山口市・宇部市・阿知須町・小郡町)では、仏事の供え物や一品料理(精進料理)として使用するそうで、現在でも食されています。


なんと、山口県の名産のタベモノッレストラン!!

大きさは、約10p
麩ぉ―――――ッ!
デカっ!!!Σ(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!


調理の仕方としては
揚げたり、煮たり、挟んだり、挟まれたりと多様に使える食材のようです。


しかも
「お麩」には、人間に必要不可欠なたんぱく質が白米の10倍ほど含んでおり、
添加物を含んでいない自然派の食材なのです。


これはぜひ食べてみたい!ヾ(`δ´)〃 食わせろー


見つけたら
すぐにでも、貪ってみようかと思います。


生粋の山口ッ子ハム子にも
知らないことがまだまだいっぱいです。
「気になる!」ブログはシリーズ化になるでしょう。。。。

麩麩麩麩麩麩…


posted by 湯田温泉 at 14:23 | 湯田温泉たまごログ(表)